UEDA.NET

 

UEDA Katsuya

welcomes my homepage. This is just a temporary page until we establish all . Our website has several areas you should be familiar with.

上田 勝弥

  • ARTY Consulting Group CEO
    • ARTY Corporation CEO株式会社ア−ティ−代表取締役兼CEO

    • Business Create Company CEOビジネスクリエイト株式会社代表取締役兼CEO
    • Shanghai Bitong B&T Inc. 上海碧騰商貿有限公司 最高総裁
    • Taicang Investment&Development LTD. 太倉投資開発有限会社 CEO
    • Data Cure 有限会社 CEO
    • Arty Business Consulting Co.Ltd. (London英国) CEO
  • 聯合国/技術情報促進機構(TIPS) 中国国家分部 華東事務局  特招顧問
  • 中国雲南省紅十字会 日本代理人
  • 中国西部大開発(雲南)日中項目推進会 副会長
  • APEC Technomart4(2001) 中国組織委員会 日本代理人
  • Media Institute for the Earth (MIE)ハイパ−メディア総合研究所 所長
    新映像マルチユース協議会 協賛公益団体(近畿経済産業省)


出身地:愛媛県


1972年
  • 日本ユニバック(株) (現 日本ユニシス)入社 メインフレ−ム担当
1985年
  • フリーランス
  • 日本テクノシステム(現アルゴ21株) 東証1部上場)設立に参画
1986年
  • 心斎橋CULTURE BOXで講座開設
  • C言語セミナー開催情報戦略セミナー開催
1987年
  • UCCコーヒー博物館 画像処理システム構築(現在でいうマルチメディアをオリジナルで作成)
  • 関西電力の緑化計画シュミレーションシステム構築(AI手法により汚染状況を分析し、政府提出用環境レポートを自動生成)
1988年
  • (株)ア−ティ−設立 代表取締役に就任(情報と組織に関するコンサルティングサービス)
1989年
  • 日本航空パイロットの情報ネットワ−クJOINETのシステム・デザイン及びコンサルティング(日本初のFAXを情報端末として利 用した情報検索システム)
  • NHKハイビジョン ・マルチメディア番組「人と森林」の制作に参加。
  • 通産省・郵政省・大阪府・兵庫県等、公共事業に対してのインフラ整備事業に対しライフワークとして活動 開始
1991年
  • ハイパ−メディア総合研究所設立 所長に就任
  • Media Institute for the Earth
  • 大阪府と米国シリコンバレーとの技術交流支援の為 商工部の代理としてOCL(Osaka California Linkage)事務局を担当
1993年
  • 第1回 韓・日 TechnoMarket(Seoul)に日本のミッションとして参加(日韓産業技術協力財団 KIN ITI)「双方向性FAX情報通信システム」を発表
  • 兵庫県 西播磨情報公園都市構想支援のため通産省の外郭財団法人マルチメディア振興協会のシンポジウムのパネリストと して参加
1994年
  • 郵政省「情報通信ニュ−ビジネス研究会」行政改革委員
    NTT小分割制には反対、全国統一低額通信料金・ベンチャー企業の税制優遇措置の改訂を提案
  • 関西文化学術研究都市 けいはんな「未来メディア研究会 」委員
  • ユニコ・システム、米国SPECOM社と世界初の一般回線でのVIDEO会議システムを開発・発表(日経産業新聞のトップ記事となる)中国では画像収集システムとして新聞の新華社が採用
  • 京都リサーチパーク マルチメディアフォーラムで講演 (Internet)
1995年
1996年
  • SPREADM4 設立時に第1期株主として参加
  • ア−ティ− エンジェルス(Angels)設立
    ベンチャ−起業などに対して人的、技術的、経済的支援する組織を結成
    AngelsはKK ARTYの登録商標。
  • ビジネスクリエイト(株)代表取締役に就任
    Angelsのメンバーを中心とするエンジェルが全額出資
    第1期目 副社長に神戸大学学生を起用する
    ア−ティ−が企画・コンサルをしたVideo会議ソフトVisionTimeが富山県やまだ 村で国の施設整備モデル事業に採用さ れた。(新聞各社、テレビ局各社で次々と特集番組となる。)
1997年
  • 韓国国営通信社からのミッションに対し「日本の情報通信産業について」講義
  • Rotary Club ロータリアンの情報通信研究会支援の為インターネットWEB ROTARY-CLUB.NETを開設・運営支援を開始
  • ワイン情報管理システムの設計と開発
1998年
  • 「オンラインメディア企画塾」 企画委員
    主催 近畿ニューメディア推進協議会・近畿新映像マルチユース協議会
    [ゲストスピーカー]
    • スプレッドM4 社長 國分弘之と http://www.spre.ad.jp
    • レースQUEEN 篠崎ゆき・山本瑞季
    • チェリーベイブ 社長 千葉麗子 http://www.cherrybabe.co.jp
  • 「メディア環境の生態への影響」セミナープロデユース
    ポケモンパニックは何故起こったか?(3月20日)
    主催 関西データベース協議会・近畿ニューメディア推進協議会
    後援 財団法人関西情報センター
1999年
  • 国際連合開発計画書/TIPS 中国分部 華東事務局 高級顧問 就任
  • 太倉投資開発有限会社 CEO
    中国太倉港開発 中国外全ての国との交渉唯一代理人を担当
  • 『アジアビジネスにおけるコミュニケーション・ギャップ 「信頼はどのように作るのか〜日本資本中国進出の事例から」』 一新塾アジア研究会FAMUNET主催 大前ビル
2000年
  • 第14 回インターネットを肴に飲む会 (2000年代初会合スペシャル) ..アジアにおけるビジネスコミュニケーション−信頼はどのように作られるの か− 講師
  • 中国太倉港開発に英国政府港湾視察団を招く。
  • 中国雲南省第1回フラワーフェスティバルに日本代表として参加  
  • 中国雲南省紅十字会日本代理人に就任
  • 中国西部大開発(雲南)日中項目推進会 副会長に就任
2001年








  • 第一回中国西部大開発(雲南)項目推進会を開催(2001.2.14-2.16)
  • 自動車産業の中国進出についてコンサルティング
  • 中国昆明交易会 日本連絡窓口として活動
    • 日本よりHonda Accessが参加
  • 中国雲南省紅十字会関連病院と老人ホームなどの視察及び医師団との対談
  • 中国雲南省紅十字会 HIV/AIDS project 参加
    •  日本JEX社よりのコンドームの提供を仲介。
    •  日本オムロン社よりの血圧計の提供を仲介。
  • 中国国際貿易促進(雲南分室)関西での会議アレンジメント
  • APEC Technomart4 中国組織委員会 日本代理人に就任
    • 日本でのプレス発表説明会の調整
    •  ファーストリテイリング社(UNIQLO)・グンゼ社・ホンダグルーフ企業や  日本関連ベンチャー企業の参加支援
  • APEC 中国西部大開発項目合作説明会事務局 日本代表に就任
    • 西部再開発projectを初めて公開
  • 日中経済討論会2001(日本大阪)に特別参加
  • 聯合国/技術情報促進機構(TIPS) 中国国家分部
    • 東方文化芸術上海中心  高級顧問に就任
2002年



  • 上海市日本人向けクラブ運営のコンサルティング
  • 上海・江蘇省のビジネスパーク視察ツアーの企画運営
    • 中国海欄集団公司など
  • 上海市の自動販売機の営業権を取得
    • GUARD社
  • Chinese Dreamと 中国の商機
    • 客員講師(帝塚山大学)
  • 聯合国&TIPS中国2002上海博覧会日本連絡事務所  
  •  日中経済討論会2002(日本大阪)に参加 
  • 日本の大学生の上海研修旅行企画運営
 
2003年
  • 上海碧騰商貿有限公司 設立 最高総裁就任
  • 上海市の自動販売機の営業権を取得
    • AUCMA社
  • DEVNET/TIPS 日本国本部設立に関してローマ本部全権者顧問
    • http://www.tipsjapan.com
    • 6月に日本支部が開設されることになった。
  • 中国での海外著書出版権を取得
  • 中国楊州での劇場興行権を取得
  • 中国楊州にて国慶節ダンスショーを興行
2004年
  • DEVNET/TIPS 上海国際会議の招聘活動
  • 中国での海水の淡水化プロジェクトの募集開始
  • 中国江西省修水神茶集団より日本市場の調査と事業開発を受託
  • 糖尿病・高血圧・肥満・ED・花粉症の調査
  • オンラインショップの構築デザイン
  • ロシア・ウクライナ・ベラルーシのタレント事業調査
UPDATED 01 01 2004 VER 2.0
1.9